幌尻岳登頂☆2017



日本百名山の中でも渡渉が有り難関と言われる北海道・幌尻岳に個人ガイドの案内で行ってきました。幌尻岳に登るには、平取町から糠額川沿いに渡渉を20数回して幌尻山荘を経由して登頂する振内コースと長い林道からアプローチする新冠コースがある。今回は林道歩きが短く渡渉がある平取町からアプローチするコースを選択。


快適移動@ハイエースグランドキャビン

千歳空港から平取町の豊糠山荘へ。荷物がたくさんあるので余裕のあるハイエースグランドキャビンをレンタルしました。運転が心配でしたが北海道は道が広いので余裕のドライブ。


漬け鮭親子丼@鵡川

苫小牧から無料の高速道路を走り、道中の鵡川ノ道の駅でランチタイム。美味しそうなメニューがたくさんあり選ぶのに時間がかかりました。サーモンが予想以上に肉厚で大満足☆


シシャモアイス!?

鵡川特産のシシャモを利用したアイス!味見させてもらいましたが中々イケます!


二風谷アイヌ文化博物館

道中時間に余裕があったので、二風谷アイヌ文化博物館に立ち寄りました。館内には興味深い展示が多くあっという間に時間が過ぎてしまいました。


二風谷ダム@沙流川

アイヌの聖なる川・沙流川の二風谷ダム。一見ダムには見えないオシャレな建物です。


夕食@豊糠山荘

豊糠山荘はシャトルバスの始発点となり渡渉ルートの起点となります。夕食のジンギスカンでエナジー補充!


ユースホテルスタイル@豊糠山荘

廃校になった学校を利用した建物でユースホステルのような相部屋ベットです。広くはないですがお風呂もあり洗い場も三つあります。


シャトルバス終点

始発のシャトルバスは朝3時からあるので体力に自信があれば日帰りも可能!? 林道を走ること1時間、シャトルバス終点に到着。簡易トイレがありました。


林道を歩く

林道歩きは約2時間半。糠額川沿いに進んで行きます。


渡渉スタート@取水ダム

ここで登山靴から沢靴に履き替え渡渉の準備をします。ここから幌尻山荘まで約2時間、そして渡渉が約22回?あります。


岩場のへつりから始まり。

なんだかいきなり緊張〜。鎖をつたいながら足場を確認して一歩一歩進みます。


水位低めです。

今回はラッキーな事に水位が非常に低かったです。ほとんど膝下で余裕の渡渉〜。


難所には簡易的な橋ありました。

以前は渡渉の中間点にあたるこの滝手前の渡渉が難所の一つでしたが橋がついていて拍子抜け。サクッと通過できました。


幌尻山荘到着!

濡れた服や沢靴を乾かして一休み。午後はのんびり昼寝タイムzzz.


腕を振るう歩荷隊長


ポルチーニ茸パスタ

幌尻山荘は非難小屋なので食事は全て自炊になります。ただ、ビールだけ一本700円で譲って頂けました。先日、イタリアに行った際に購入したポルチーニ茸。日本では割高ですが今回はた〜っぷり投入して味わって頂きました。スープ、サラダからパスタ、デザート付きで栄養補給♪


ひたすら急登。

3日目。いよいよアタック日。渡渉はないので、不要な荷物は小屋にデポして日帰り装備で幌尻岳へ。


ウサギギク

樹林帯を抜け、稜線部に出るとお花畑です。幌尻岳は渡渉のイメージが強くお花畑の印象が忘れられがちですが見事!!


チングルマのワタスゲ


エゾツツジ


新冠コースとの分岐

ここまで来たらあと10分です!ファイト!


幌尻岳登頂!!

おめでとうございます!全員無事に登頂できました。天候が良ければ戸蔦別岳を周回して幌尻山荘に戻る予定でしたが展望もないのでピストンで戻りました。


ホットケーキ&メロン!

4日目。同ルートを戻ります。ほとんどのグループが朝8:30のバスに乗る為に早立ちしたのでのんびり優雅に朝食タイム。挽きたてのコーヒー&ホットケーキで腹ごしらえ♪


帰路もバッチリサポート付き👌


渡渉サポート隊!


沢シューズ干しながら

林道発11時のシャトルバスに乗って豊糠山荘へ戻りました。帰路、平取温泉にて入浴&ランチタイム。温泉後は平取名物の平取牛ローストビーフ丼を頂きました。そして、千歳空港ではお約束のショッピングタイム♪ 美味しいスイーツパラダイスでデパ地下並みの品揃え。帰省ラッシュで混雑していたので、厳選スイーツだけをチョイスしてフライトに飛び乗りました〜。









スポンサーサイト

夏の海金剛スーパーレイン



夏の海金剛に行って来ました。よく登られているのは冬シーズンですが、パートナーが是非行きたいとのことで行ってみることに。


アプローチ入口

雲見オートキャンプ場の駐車場に500円払ってクルマを停めさせてもらい7:30出発。ひたすらトラバースして突端に降ります。


イバラの道を往く

夏は誰も入山しない為凄いブッシュになっていました。カヤックで海からアプローチするのが良いかも。


ようやく突端に出た

イバラの道を乗り越え海が見えて感動!


フィックスロープ有り

海岸に降りるのにフィックスロープが付いてましたが、ロープを固定している木の根の支点が抜けているものが有りました。


海金剛

海岸に降りて岩場を眺めているところ。かなりの迫力!


スーパーレイン取付き

突端に降りて、左奥に回り込んだ所にあるケルンから壁の下を目指して踏み跡を辿ると取付き。


4-5P?

カムは2セット持って行きました。3ピッチ目が細いクラックを辿るのでフィンガーサイズのカムが活躍しそうです。



上の方には少しワイド目のかぶり気味のクラックを越えます。4番を使いました。


後ろを振り返れば、、。絶景!!


終了点

3P目から小雨に降られましたが本降りにならず無事に終了点まで登れました!アプローチが長いので海岸にキャンブして何本か登りたくなりましたww





針ノ木岳~蓮華岳~船窪小屋トレラン!?



今回は日帰りで扇沢駅から針ノ木雪渓を登り、針ノ木岳~蓮華岳~北葛岳~船窪小屋~七倉ダムと縦走予定。登山だとは1泊か2泊で縦走しますが一年ぶり以上くらいにトレランでチャレンジしました。


信濃大町駅バス停

コースタイム:
扇沢駅7:45/8:05-針ノ木小屋9:45/47-針ノ木岳10:10/30-蓮華岳10:15/30-北葛岳12:20/35-七倉岳13:16/31-船窪小屋13:38/50-登山口15:31



扇沢駅から見上げた針ノ木雪渓

かなり雪渓大きそうです。登れるかしら。。登山口にある登山届け提出用のテントのオジ様に、トレランシューズと計画書をチェックされアドバイスを20分以上も頂きましたww 装備を説明して下山が厳しい場合には泊まること約束しました。


大沢小屋

登山口から2時間ほどである小屋。ほどんどの人は通過しますが泊まれるようです。


小屋脇レリーフ


アイゼンレンタル500円。


雪渓下部より


針ノ木雪渓スタート!

雪渓は程よく緩んでおりアイゼンなしでも問題なさそうだったのでダブルストックでアイゼンは無しで行く事にしました。


クレバス!?


傾斜感を撮ろうとしましたが、、。


雪渓核心部、1番傾斜あるところです。

キックステップで足場を一歩一歩確保しながら登りました。


雪渓終了~。


台風10号通過で増水した川の渡渉点を整備するシェルパ


稜線まであとわずか!


針ノ木雪渓


針ノ木岳

先ずは針ノ木岳登頂!ペース上がらず予定タイムを大幅に越えてしまいました。。


蓮華岳へ。




コマクサ群落


蓮華岳


タカネシオガマ


岩の稜線を巻きます。


気持ちい~稜線歩き!


ハシゴ


意外と急な下りでした。


北葛岳


イェーイ!


ボロいハシゴ登りました。


七倉岳へ。


七倉岳登頂


船窪小屋へ。


船窪小屋

憧れの船窪小屋。タルチョが良い感じです。今度ゆっくり来て泊まりたいところです。


天狗の庭


ひたすら急な下り。ハシゴの連続。


道標が励ましてくれる。ここ登りたくないなあ~。笑


七倉ダム下山。一般車ゲート。

今回、昭文社のコースタイムは16時間だったのでトレランで6時間以内を目標としましたが大幅に越え7:30もかかってしまいました。普段走ってない為か走る気が起きず、全て歩いてしまいました。一年以上走っていないのに突然走れるワケがありません。当たり前のことですが日頃のトレーニングの大切さを痛感しました。反省。。。











立山・五色ヶ原


立山@室堂

立山の五色ヶ原へ個人ガイドで2泊3日で行って来ました。初日は室堂から一の越山荘まで。
2日目、一の越山荘から龍王岳、鬼岳、獅子岳を越えて五色ヶ原山荘へ。
3日目、ほぼ同ルートで浄土山から室堂へ下山。


ハクサンイチゲ

立山駅からケーブルカー&高原バスを乗り継いで室堂へ。下界は曇りでしたが、室堂は雲上の世界!涼しく爽やかな空気が汗を乾かしてくれます♬


一の越へ。

途中、雪渓がありましたがアイゼンを使うほどではなくキックステップで一歩一歩慎重に。


雷鳥沢、左に大日岳。

一の越山荘手前から雷鳥沢方面を振り返りました。今シーズンは雪渓が多く残っていますねー。


一の越山荘の夕食。

意外と多くの宿泊者にビックリ!3回戦くらいやっていました。


立山・雄山

2日目、6時に朝食を食べて7時に出発!立山・雄山方面を振り返りました。


クルマユリ

斜面にクルマユリがビッシリ!こんなにたくさんのクルマユリが群生しているのをみたことがありません!


鬼岳東面からの下り。

夏道は確かハシゴがあった気がしますが雪渓に埋もれていました。五色ヶ原山荘の方がスコップでステップを切っていてくれたのでアイゼンなしでも行けそうでしたが念のためアイゼンを装着して通過。同日の数時間後、ココで男性1名滑落事故があったようです。


振り返ってみると、結構な傾斜!?


五色ヶ原まであと少し!

獅子岳の急な下りが終わるとザラ峠。午後になるとガスって来ました。あと五色ヶ原山荘までもう少し!


五色ヶ原山荘の夕食。


山荘からの朝焼け。


@五色ヶ原山荘。

五色ヶ原山荘はお風呂もあってオーナーも優しくて快適でした。


チングルマ&コイワカガミ。

どこを歩いてもチングルマ&コイワカガミだらけ。当たり前すぎて写真を忘れてしまいそうなくらいたくさんの群落を見ることが出来ました。


ツガザクラ。

アップにして撮影。可愛いですね!


ハクサンコザクラ。

五色ヶ原に僅かにハクサンコザクラを発見!


タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウもチョコチョコありました。


オタカラコウ。

3日目は薬師へ縦走する登山者多かったですが、先は長いので同ルートを戻りました。


ミソガワソウ。


クワガタソウ。


イワツメクサ。


雷鳥さん。

龍王岳から浄土山を経由して室堂へ。浄土山の上もお花畑が綺麗でした。


ホテル森の風の夕食。

室堂からまた高原バス&ケーブルカーを乗り継いで立山駅へ。駅そばの素敵なホテルへ。温泉に浸かって豪華な食事に辛かった登り道の事など完全忘れてしまいましたww


黒部の地ビールで乾杯!


世界一美しいスターバックス!

4日目、富山から都内へドライブ。富山駅でお土産を物色して、世界一美しいと言われるスターバックスへ。メニューは他店舗と変わりませんが景観が素晴らしいですー!


飛騨牛のステーキ⭐️

富山から高山、平湯を抜けて松本から高速に乗りました。途中、豪華なステーキで腹ごしらえ!充実の4日間でした!どうもありがとうございます😊













八ヶ岳・河原木場沢


醤油樽の滝

今回は八ヶ岳の河原木場沢へ日帰りで行って来ました。アイスクライミングで有名な場所ですが、夏シーズンもオススメです!登れる滝は少ないですが、苔むした緑が美しく歩いているだけで気持ち良いです!二段の滝を登れば、あとは西天狗へツメ展望が期待出来ます!


登山口

コースタイム
登山口7:55-醤油樽の滝8:45-二段の滝9:50/10:10-西天狗岳12:21/45-オーレン小屋13:41/14:00-桜平14:31-登山口14:51


案内板もあります♬

醤油樽の滝までは登山道がついています。登山道を歩いても良いですが、せっかくなので沢の中を歩きました。


ハシゴあります♬ 滝を登ると思いっきり水浴びしそう~。


ウォーミングアップ!

迷いましたが、ハシゴを使うのは若干の罪悪感あったので登ることに!


徐々にゴルジュへ。

登山道は崩落のため通行禁止になっていました。迷わず、沢へ突っ込みました。

狭くなったゴルジュを登って行きます。


CSストーンは左から抜けました。


水流を登ると、、。


ババーン!醤油樽の滝!!


ハシゴを登って登山道を少し戻って右岸から高巻き!


左側の岩に沿って奥へ。簡単そうな所から岩上部へ。


醤油樽の滝上部へ。簡単なクライムダウンで戻ってこれました。


すっごく癒し系な感じの沢歩き♬苔むした緑ワールド!


水流が気持ち良い!


二段の滝40m?


上部の滝は少し水流に入りながら。冷たさで手がチョイ痺れた!


平和な沢歩きが続く。


ツメは脆い岩場?を登る。


西天狗から伸びる尾根目指してひたすら急登。尾根まで登ると登山道に合流しました。


天狗岳→根石岳→オーレン小屋→夏沢鉱泉→桜平へ。

登れる滝は少なかったですが、苔むしたナメが続き美渓度はハンパなく高いです。沢歩きと思って来ても良いくらいです。唯一登れる二段の滝は、プロテクションが取れなくチョイ怖かったですが中々楽しいです!ルートファインディングも醤油樽の滝の高巻きさえ注意すれば、ひたすら水流の多い方をツメていけば抜けられます。













インバウンド槍ヶ岳!


槍ヶ岳!

毎年恒例となったインバウンドの槍ヶ岳&富士山シリーズ!今年も始まりました!今回はイギリス、フランス、イタリア、NZと多国籍ですがヨーロッパからのお客様が多いです。


梓川沿いに槍沢ロッジへ。

初日は上高地のバスターミナルから梓川に沿って槍沢ロッジまで。


徳沢園。アイスクリームが絶品!

途中、アイスクリーム休憩!元々ファームだったというだけあって美味しいです!


雪解けの水が冷たくて気持ち良い!


気持ちの良い沢沿いを歩きます♬


槍沢ロッジには荷運びのヘリが来ました!

初日の宿は槍沢ロッジ。和式のお風呂もあり汗が流せます。


槍沢ロッジとテント場の間にも雪渓が残ってました!

2日目。肩の小屋まで登り、天候を見計らって穂先を登頂します!今シーズンは例年よりも雪が多く残っており、雪渓がたくさんありました。


雪解けが遅かったせいかまだ桜も咲いてます!


まだまだ大きな雪渓が残ってました。

一番大きな雪渓!30分ほどほど雪渓の上を歩きました。


傾斜はあまりなかったのでアイゼンは使用せずダブルストックで登りました。


チングルマも咲いてます!


槍ヶ岳・肩の小屋へ到着!

ガスが濃く直前まで肩の小屋が見えませんでしたが無事に到着!雨予報もあったので雨が降る前に穂先へ行くことにしました。


穂先へ

急な傾斜を手足を使って登ります。見た目は怖いですが、イザ登ってみると意外と手がかりあります。


ドンドン登ります!


ハシゴを登れば頂上!


槍ヶ岳登頂!

槍ヶ岳3180m登頂!狭いですが登っている人が少なかったのでたっぷり山頂を満喫できました。


ガスが晴れて肩の小屋が!


翌朝綺麗な景色!

下山後は松本を観光して富士山へ。










北岳&間ノ岳ダブル登頂!!


お花畑満開🎶

今回は北岳&間ノ岳の二座登頂を目指して4日間の日程で個人ガイド行ってきました。梅雨前線のご機嫌を伺いながら天気予報に一喜一憂させられながら霧には巻かれた物のなんとか雨は避けることができました。謝!


芦安バスターミナル

コースタイム:
①芦安9:40/10:00==広河原(1,520m)10:45/11:50・・白根御池小屋泊15:15(2,690m)
②白根御池5:00BF/5:50・・肩の小屋11:00・・北岳(3192m)11:00/12:00・・北岳山荘泊13:40
③北岳山荘5:40・・ 間ノ岳(3190m)7:40/8:00・・北岳山荘9:35/10:30・・北岳山頂12:20/35・・肩の小屋1:20/14:00・・小太郎分岐14:30・・白根御池小屋14:30
④白根御池小屋6:20・分岐8:50/9:00・広河原9:30


広河原から吊り橋を渡ってスタート!

天気予報がパッとしなかったからかバスは我々5名だけで貸し切る事ができました!ノンビーリ準備をして出発!


白根御池小屋

樹林帯の中をゆっくり3時間程かけて到着!小屋はとてもきれいで快適!!


テント場@白根御池

テント場では高校生達が合宿登山?で楽しそうにガヤガヤしていました。


大樺沢@二股

今回、下山ルートで八本歯のコルから大樺沢を下る予定でしたが雪が多く小屋では12本爪を強く進められた為草すべりコース往復に変更しました。


夕食デザート付💕


草すべり

2日目、北岳の山頂を目指して草すべりコースを登ります。地味なジズザグの急登が続く。。


ゴゼンタチバナ Bunchberry

樹林帯の足下からゴゼンタチバナさんが応援してくれてました!


グンナイフウロ Geranium

ハクサンフウロもありましたが、ここではグンナイフウロが目立ちました。


シシウド


ミヤマハナシノブ Polemonium


ミヤマキンポウゲ Butter cup


マイズルソウ

小さいですが、よーくお花を観察するとカワイイお花をつけていますね。


シナノキンバイ


ハクサンチドリ


肩の小屋


チョウノスケソウ


北岳登頂!

厳しい登りでしたが、日本第二の高峰北岳登頂!!


富士山!

富士山も見えました!


チングルマ


シコタンソウ


ハクサンイチゲ


クワガタソウ


オダマキ


キンロバイ


北岳山荘の夕食


振り返ると北岳!

三日目、間ノ岳へ。その後、白根御池小屋まで下ります。


イワヒゲ


イブキジャコウソウ


コケモモ


間ノ岳山頂!


コゴメグサ

今シーズン、雪融けが遅かったせいかとても多くのお花畑を見ることができました!!今回も素晴らしいメンバーに囲まれ、素晴らしい山行となりました!どうもありがとうございます!!







twitter
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ペポニの山旅

Author:ペポニの山旅
ペポニの山旅へようこそ!四季問わず、大自然の中の冒険を求め歩いています。

このブログは、山に行こうと思ったときの情報収集に役立てればと思い綴っております。

また、遊びの経験を生かし登山ガイド・ペポニの山旅も行っていますので何なりとご用命ください。

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アフィリエイト・SEO対策